読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高のグンブロ

グンマー在住のサラリーマンの雑記ブログ

稼げてない会社の特徴。実体験から考察してみる。

f:id:fc-clubbarca11:20170329193809j:plain

どうもリーマンです。いきなりですがサラリーマン大変です。

人間関係、不平等、仕事内容等たくさんストレスたまります。

もちろん極力ストレスを感じないように工夫しているのですが、難しいですねw

そこでふと、

稼げてる会社の方が従業員のストレスが少ないのでは!?

と思いました。まぁ思っただけなので根拠はありません。

あまり大きな声では言えないですが、

私が勤めている会社は稼げてません、というかほぼ赤字ですw

自分としては会社が稼げてないからストレスが溜まるんだ、

と思っていますが実際どうなんでしょう。

 

そんな会社に所属していると

  • ここが悪いんじゃないか?
  • だからダメなんじゃないか?
  • 本当にそれでいいのか?

と思う事がたくさんあります。それを考えるのもストレスですがw

今回、稼げてない会社の特徴を私の実体験を元に考察してみました。

 

厳しさがない

f:id:fc-clubbarca11:20170329194703j:plain

最近はゆとり世代の社会人も増えている中、

上司と部下という上下関係がなくなりつつありますね。

上司と部下という上下関係の中で、比較的自由に話ができます。

特に部下は上司に向かって、上司に対する要望や欠点をよく話すようになりました。

これはこれでよいことだと思うのですが、

実行力のない上司は、自分の仕事がうまくできないときに

部下から批判されないように部下に対する厳しさがなくなってきていると思います。

おそらく部下に厳しくできないのは

上司自身に自分に対する厳しさがないからだと思います。

他人に厳しく、自分に甘い人はみなさん嫌いですよね?

それと一緒で部下に対して厳しく、

自分に甘くて行動しない上司に部下がついていくはずありません。

自分(上司)が仕事が出来ない人間だと自分自身でわかっているのですね。

だから部下を叱ることが出来ないのだと思います。

私も知っている限り、仕事の出来る人間は必ず厳しいです。

会社は売上という数字を追わなければなりませんので、

時にはムチをうってお客さんの納期や要望を守らなければいけません。

そんなときに上司が納期を守るべく厳しく指導しなければ、

お客さんの信頼を失うことは目に見えています。

こんな人間がいる会社が利益を出せるはずがありません。

自分への厳しさがないから他人にも厳しくできないのだと考えます。

もちろん厳しすぎるのはダメだと思いますが...w

 

コミュニケーションを取らない

f:id:fc-clubbarca11:20170329194722j:plain

最近はITの普及により面と向かって会話する機会が減ったと

感じている人も多いのではないでしょうか。スマホ便利ですよね。

仕事する上で人とのコミュニケーションは必要ですが、

最近ではそういった業務コミュニケーションを

すべてチャット等で行っている会社も増えてきているそうです。

しかも稼いでいる会社がw

ですので必ずしも対面で話をする必要はなくなってきているのかもしれません。

仕事効率を考えたときにわざわざ席を立って、用がある人のところまで行って、

話をして、また席に戻る、という一連の動作は確かに無駄ですよね。

ここまでの話だとコミュニケーションは必要ないと思うかもしれませんが、

最終的な決断をするのはやはり人です。

対面して相手の顔や仕草、動作、言葉から得る情報はたくさんあります。

この人は信頼出来そうだとか、胡散臭いとか。

そのような情報から人に応じてコミュニケーションの方法を変化させ、

会話を進めていくのが重要だと思います。

営業さんは人柄で仕事を取ったりしますからね。

対面で話をしないほうが楽なんですが、

その代償として信頼度を失っていると思います。

もちろん報告や事務的な内容であればチャットとかでぜんぜん良いですがw

コミュニケーションを取るべき時とそうでない時を区別し

判断していくことが大事ですね。

その判断ができていない人間が多いと仕事が効率良く回っていないと思います。

 

決断力がない

f:id:fc-clubbarca11:20170329194730j:plain

仕事において決断力は重要です。

決断力がない人は以下の特徴があると思っています。

  • 自分の考えに自信がない人
  • 人の意見に左右されやすい人
  • 仕事が遅い人
  • 無責任な人

若いうちは自信がなく、仕事のやり方もわからないので、

決断力が無くて当然だと思います。

問題は上司で上記に当てはまる人間がいることです。

会議で結論を出さず何も決まらずだらだらと時間が過ぎてしまったり、

業務上問題が発生しても解決しようとせずに調査中で済ませたりする会社は

稼げてないです。

主に決断するのは上司ですので、その上司が決断を下さないと何も進みません。

決断には責任がつきものなので、それを回避しているのでしょう。

決断が失敗に終わることもあると思いますが、

決断しないよりはマシ

と私は思っています。

100%の正解を出せる人間なんていませんw

決断力がない人間が多い会社は仕事も決まらず、業務の進み方も決まらず、

効率良く仕事ができていないと思いますね。

 

計画性がない

f:id:fc-clubbarca11:20170329194738j:plain

計画が全く無いわけではありません。

長期的な計画はあるのですが、そこにたどり着くための細かな計画がないのです。

大きな計画から逆算して実現可能な小さな目標設定をするべきなのですが、

それがありません。

そうなってしまう原因は計画の可視化をしていないからだと思うのです。

簡単に言うと計画表を作っていない、という事ですね。

仕事ではほとんどの場合において進捗報告をしますが、

計画表に基づいて報告をします。

計画表がなければ業務が前倒しで進んでいるのか、

遅延しているのかわかりませんよね。

ですので、細かな進捗状況が把握できていない会社は稼げていません。

あと計画がないと人は行動を起こしません。

人って少しずつサボる生き物ですからね。

計画や目標が無ければ人は動かず、業務が少しずつ遅延していきます。

今日中にやらなければならない業務を後回しにしていくと、

それが積み重なり大きな遅延となります。

塵も積もれば山となる、ですね。悪い意味でw

 

まとめ

f:id:fc-clubbarca11:20170329194812j:plain

仕事が楽なのは働く側の人にとっては良いかもしれませんが、

長期的に見ると会社の存続に関わる事だと思います。

働く場所自体がなくなってしまったら、楽をしなければよかったと思いますよね?

厳しすぎてもダメだと思いますが、適度にアメとムチを使い分けられる

人間が会社内に増えていけば、それに伴い売上も上がっていくでしょう。

 

ここまで色々言ってきましたが、あくまで個人的な意見ですので

あまり真に受けないで下さいw

共感してくれる方が少しでもいてくれたら嬉しいです。

 

ではでは。

広告を非表示にする